ClubHouseとはなんぞや

SNS

最近、私に新SNSのClubHouse関連の連絡が来るようになりました。

当然やっているよね、フォローするよといった類が多いですけれど。

もちろんやってなかったら招待するよ、という連絡もチラホラです。

では何がこれまでと違って、どんな期待をされているのか、ですよね。

 

ClubHouseとは一体なんぞや

 

YouTubeを開くとホリエモンさんやイケハヤさんが早速このネタで動画をアップしていました。

テレビのニュースでも取り上げられているくらいの全国的な話題になっています。

あなたもすでにいろんなところで目にしているかもしれませんね

このClubHouseというSNSは2020年3月にアメリカでスタートしたものでじわじわ増えていたのが急に数日前から日本で広がったようです。

特徴として、ClubHouseは招待制です。以前のMIXIみたいですね。

招待枠が1人2つしかなく貴重感があるため、招待された人が自慢ぽく「ClubHouseに招待されました」と他SNSに投稿して広がるというのがあります。

入れていない人が「だれか招待してください」と他SNSに書くために、これまた知名度アップにつながっています。

ちなみに、招待するには電話番号が、スマホの電話帳に
電話番号が登録されている必要があります。

*PCではなくてiPhoneや iPadなどiOS13以上のOSを持ったデバイスでのみ使用可能で、アプリを使うことが必須です。

登録名は匿名も可能ですが、個人的には同系の配信をしていくのであれば、ほかのSNSと同じ名前にしておくことが無難だと思います。

名前変更は1回しかできないため注意してつける必要がありますね。

これまでのSNSとの大きな違い

 

clubhouseの特徴は何かというとroomという機能があって
そこに入った人同士おしゃべりできるということです。

おしゃべりというのは、音声です。文字チャットではないです。

管理者が発言者を設定できるので一部の人だけが話す
セミナー形式にすることもできます。

外出自粛の昨今ですから、直接会わずに、これを使って繋がるという感じです。

というわけで、これまでの文字メインのSNSではなく音声を使ったSNSとなっています。

電車ではイヤホンをしないと参加できませんね。

でも、音声ですので画面を見ていなくても聞いたり話したりするだけで参加できるというメリットがあります。

ながらでOKですね。

一方、デメリットとしては実時間がかかりますね。

文字だったら斜め読みですぐに追いつけますけれど、リアルタイムの音声ではそうはいきません。

情報チェックというより暇つぶしで、YouTubeみたいに一方通行ではなく双方向という感じだと思います。

 

業界によってはこういう使い方もあります

roomを使って、セミナーや、パネルディスカッションなどができます。

有料化することもclubhouseの外の決済機能を使えばできるでしょう。

そして、私のような業界関連の人が期待しているのは、有名人や業界の重鎮のような人たちとつながることができるということです。

なんというか、会話に飛び入り可能なバーがたくさんあって、この人はどこのバーにいるかと探して合流することができる感じですね。

音楽関係であれば、音楽配信もできます。

iPhoneのマイクではなくて、インターフェースを介して、音源を直接配信することができます。

「Clubhouse」で弾き語りをしたいとか、自作の曲を流したいなんてこともできますし、レイテンシーが安定している環境であれば、少人数でのセッションも可能です。

海外では既にフリースタイルのラップバトルが開催されている部屋や、イベントオーディションの部屋など設立されています。

clubhouseは日本に定着するのか

これが流行るかどうかですが、インスタのように、女子高生がファッションとして食いつくというのはちょっと微妙なのではないかと思います。

もちろんLINEのグループ通話のように使うという手はありますが、だったらLINEのままでよいですからね。

見知らぬ人を巻き込んで面白いというポイントはどこにあるかです。

音楽配信のほうで何か面白い使い方があれば、TikTokのように展開していくかもしれませんが、いまのところは、玄人向け、SNS上級者や、クリエイター、表現者向けといえると思います。

日本人は、一方的に情報を受け取りたいだけの人が多く
それだとYouTubeやFacebookのライブ配信でいいのではないでしょうか。

まあ、セミナーを行って、質問もできるということろをうまく使うことは考えられますが、ZOOMでもいいし、女子高生需要ではないでしょうから。

それに今のところ参加するためには招待されないといけないというのも、敷居が高いし、人も集まらないとなるかもですね。

でも、こういう新しいものは、先にチェックしておいたほうが良いですね。すごく化けるかもしれませんから。

投稿者プロフィール

HIRO
HIRO
clubhouse現在フォロワー2.9k 2月初めからのクラブハウサーです。
SNS歴は10数年なので、その経験を生かしてクラブハウスとの連携についてレポートしていきます
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました